2006年06月21日

「ロマネスクの魅力」

IMG_0717aa.jpg

ロマネスク時代の絵画の魅力は他に類のない発想で、「写実主義を否定した大胆な形態の面白さや、その強烈な色彩感覚にある」と馬杉宗夫氏は解説しておられますが、そのルーツはラ・セウ・ドゥルジェイの司教美術館所蔵のベアトゥス本(黙示録の注釈と美しい細密画のある10世紀のモサラベの写本)の挿絵です。

ロマネスク絵画の代表としてしばしば登場するタウイのサン・クレメンテ教会の「栄光のキリスト」については、実に多くの方々が解説されていますが、一番大切なことはカミロ氏の指摘である「全能の神でなく、救世主としての神」、「ユダヤ教の影響を受けていない古いキリスト教の芸術」という認識です。                          

難しいテーマですが、ロマネスク時代の神キリストとその後の神キリストとの違いは「祈る人」と「神」との距離と考えると分かりやすいようです。ロマネスク時代の人の熱い心は素直で単純で、現代では想像できないほど「神」を信じ、その信頼というか距離の差だとカミロ氏は示唆しています。

「スペイン巡礼の道」の著者粟津則雄氏は「全能者キリストは天使や四人の福音書作者に囲まれ、聖母や使徒を従え超自然の青のなかで、栄光と威厳にあふれた姿で、全世界を支配している」と表現されていますが、この時代の人々の心の重石となっていた「紀元千年をすぎるころ訪れると恐れられていた最後の審判」が来なかったことへの神への感謝と安堵の念に似た素朴な祈りは「栄光のキリスト」そのものです。

「難しいことは考えない どうぞ助けてください」と願う心に最も相応しいお姿で、これがロマネスクの最大の魅力です。
posted by 清水準一 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。